巻き肩をほっておくと大変なことに!?矯正&ケア方法をご提案

更新日:

巻き肩をほっておくと大変なことに!?-アイキャッチ

「わたし巻き肩かも…」そんな疑問を感じたら要注意です。

巻き肩は前に縮こまるような姿勢から周囲に、暗い・自身がなさそうなどのマイナスな印象を与えるだけでなく、日々の生活に慢性的な不調をもたらします。

これを機に自分の姿勢を見つめ直し、早めの改善を心がけましょう。

 

巻き肩とは

肩が通常よりも前方に移動し、丸まってしまっている状態です。

猫背やストレートネックは頚椎や胸椎など脊柱(背骨)が変化してしまう症状ですが、巻き肩の場合は肩甲骨が通常よりも外側に開いて固定されることによりその外観を呈しています。

また見た目では肩が前方に巻き込むことによって腕が内旋し、手の甲が前方に向いてしまっています。

また巻き肩はその要因が猫背やストレートネックとほぼ変わらないため、これらと併発している場合も少なくありません。巻き肩だけと決めつけず、広い視野での改善を意識していきましょう。

巻き肩の原因

肩まわりの姿勢はたいていが日々の悪い生活習慣の積み重ねによって起こります。

まずは原因を理解し、日常生活で少しずつ改善していくことが大切です。

パソコン姿勢やスマホ姿勢

巻き肩だけでなく姿勢が悪くなる原因がパソコンやスマホにあることは周知の事実かと思いますが、ガラケーと違いスマホがなぜこんなにも姿勢に悪いかというと、「両手を使って操作する」という点があります。

パソコンも同様ですが、両腕を使って長時間操作することで常に肩が前方に突出する姿勢になり、それらを使っていないときでも巻き肩のような姿勢になってしまいます。

座っているときの姿勢の悪さ

良くも悪くも普段家の中でよい姿勢を保つことは少ないかと思います。

さらにふかふかのソファーや柔らかすぎるベッドは自然に背中を丸めてしまいます。

座るときは浅く座り首や肩を背もたれにあずける姿勢で長時間いることは避けましょう。

慢性的な緊張

特別なシーンでなくても常に肩に力が入りっぱなしの人がいます。

人は緊張状態だとたいてい肩が上がり、首をすぼめるような姿勢になっていますが、こういった筋肉の緊張が続くことも巻き肩の原因となります。

また後ろ側の筋肉だけでなく巻き肩の場合は前側の筋肉(鎖骨下筋や大胸筋など)が収縮し硬くなってしまうことも大きな原因です。

これらの筋肉をほぐし血流を良くしていくことで改善していきましょう。

 

巻き肩の矯正&ケア方法

姿勢の悪さは特別な病気でない限り改善することは可能ですが、慢性的な症状は正しい方法を根気よく続けていくことが大切です。

体質や職業柄しょうがないとあきらめず、しっかりとし矯正しケアを続けていきましょう。

肩甲骨を積極的に動かす運動

肩甲骨には首や肩、背骨や肋骨などさまざまな場所に繋がる筋肉が付着している場所になります。

この肩甲骨を積極的に動かしほぐしてあげることで血流がよくなり、巻き肩の改善に繋がります。

  • ラジオ体操など腕を大きく使う
  • 体操水泳(特に背泳ぎ
  • バレーボールなどのオーバーハンドで背中を使うスポーツ

などがおすすめです。慣れていない人のいきなりの運動はケガのリスクもありますので、自分に合った運動を見つけましょう。

ストレッチ

巻き肩の改善には肩まわり、特に胸など前方の筋肉をストレッチすることが有効です。

しかし腕や足のストレッチと違い背骨や胸のストレッチは慣れていない人も多いので、ここで正しいストレッチを身につけていきましょう。

大胸筋のストレッチ

大胸筋は胸部の大部分を構成する筋肉で、胸の中心にある胸骨から上腕骨の上部まで繋がっているので、大胸筋を緩めてあげることは巻き肩の改善に有効です。

具体的には、肘を伸ばしたまま体の後ろで手を組み、胸を張るようにして組んだ手を挙げていきます。

または片方ずつ肘から前腕を壁に押し当て、胸を開いていく方法もあります。

鎖骨下筋・のストレッチ

大胸筋に比べ体積はさほど大きくありませんが、鎖骨の下に付着する筋肉が固まってしまうことも巻き肩に関係します。

こちらはなかなか自重のストレッチでは伸ばしづらいので、ゴルフボールやテニスボールでゆっくり伸ばすように転がすことでピンポイントで確実にストレッチができます。

キャット姿勢

ヨガなどをやっている方はなじみがあるエクササイズですが、肩まわりだけでなく腰にも良いアプローチができるのでおすすめです。

四つん這いになり、肩の下に手、股関節の下に膝が来るようにします。

その状態からまずは背中を丸めるようにグーっとお腹に力を入れ脊柱をしならせるように曲げていきます。この時おへそを覗き込むようにするとやりやすいです。

10秒ほど伸ばしたら次は反対に腰をできる限り下げていきます。この時は腕が曲がらないように気を付けましょう。この運動を深呼吸をしながら2~3セット繰り返します。

巻き肩を矯正するグッズ

エクササイズやストレッチと一緒にグッズを活用することでさらに効果があります。

姿勢矯正ベルト
首肩枕
ストレッチポール

 

巻き肩でいることのデメリット

巻き肩や首肩に関する姿勢の悪さは、見た目の印象を悪くするだけでなくさまざまな症状の原因となってしまいます。

 

肩こり・頭痛

長い間巻き肩のような姿勢でいることで肩や首周辺の筋肉が固まり慢性的なコリが発生します。

ひどくなると頭痛や吐き気などの症状が出てくる人もいますので、症状が悪化する前にケアが必要です。

腕の冷えや痺れ

首や鎖骨周辺には指先まで繋がる重要な血管や神経が走行しています。

巻き肩などで首や鎖骨周辺の筋肉が硬くなったり、骨がずれたりすることで血管や神経を圧迫してしまい、血管の場合は冷え、神経の場合は痺れといった症状が出てしまいます。

見た目の悪さの根源

巻き肩の見た目に関する悪い印象ははただ暗そうに見えるというだけではありません。

巻き肩は肩周辺以外にも背中が丸くなることによるバストの垂れやポッコリお腹、さらには首の筋肉が衰えることによる顔のたるみなど、美容を気にする女性にとっては悪いことづくしです。

 

まとめ

巻き肩がたかが姿勢のことと侮ってはいけないことわかっていただけたかと思います。

が、逆に言えば巻き肩は改善することで今まで悩まされてきた慢性的な不調から解放される可能性もあります。

早めの改善やケアをすることで人生を明るくできるといっても過言ではありません。

これを機に自分の姿勢を見つめ直していきましょう。

厳選!おすすめ加圧シャツランキング

1位:金剛筋シャツ

私が購入した加圧シャツの中で圧倒的1位!

紹介した加圧シャツの中で特におすすめなのがこの【金剛筋シャツ】です。

もっと言うと、個人的にも2017年の通販で買った物で良かった商品トップ10に入っています!

スパンデックスの配合量が20%と多く、金剛筋シャツを購入しておけば間違いないと言い切れます!

2位:マッスルプレス

大人気ユーチューバー、ぷろたんも愛用中!

さらに元世界王者、長谷川穂積さんと同じHMBサプリが買えるのは魅力

3位:バルクアップアーマープロ

バルクアップアーマープロ!マジ半端ない!

10日間の全額返金保証付きですし、アフターサポートも充実していて安心して購入できます。

購入しやすい価格設定も◎

-トレーニング

Copyright© 加圧シャツでらくらく筋トレ , 2018 All Rights Reserved.