アディダスALPHASKIN(アルファスキン)はTECHFITの進化版コンプレッション

更新日:

アディダスALPHASKIN(アルファスキン)-アイキャッチ

アディダスが満を持してモデルチェンジしてきたコンプレッションウェア、ALPHASKIN(アルファスキン)。

モデルチェンジ前のTECHFIT(テックフィット)は高性能ながらも価格が安く、コンプレッションを好むトレーニーの中では話題の商品でした。

新しく生まれ変わったコンプレッションウェア、アルファスキンは一体、どんな商品なのか?

スポーツデポでチェックしてきたのでご紹介です!

 

今ならお安く購入できるTECHFIT(テックフィット)はこちらの記事でまとめています。

関連アディダスのコンプレッションウェア、TECHFIT(テックフィット)を紹介

 

目次をタップすると読みたい項目へすぐ移動できます

ALPHASKIN(アルファスキン)の特徴と効果

アディダスALPHASKIN(アルファスキン)-特徴と効果

アルファスキンを語る上でもっとも重要なことが「筋連動」という新概念です。

筋連動とは筋肉を単体で考えずに、複数の筋肉を連動させて使うというコンセプト。

この筋連動を実現させているのが、下の2つの特徴です。

 

特徴その1 360度包み込む3Dコンストラクション

アディダスALPHASKIN(アルファスキン)-3Dコンストラクション

ボディラッピングとも呼ばれている3Dコンストラクション。

アルファスキンの開発者の篠崎隆宏さんは、肌に密着させるボディラッピングのことを

体を包み込むように「巻きつける」イメージ

と語っています。

それがアルファスキンの第二の皮膚のような着圧感を実現させているんですね。

 

特徴その2 ねじって動く筋肉を覆うキネティックライン

アディダスALPHASKIN(アルファスキン)-ネックライン

アルファスキンは「アンカーポイント」という動かない部分と、「ブレイクポイント」という動く部分を軸としてラインが入っています。

それがキネティックラインです。

キネティックラインは筋肉の連動や動きに沿って、人間の持つ本来の能力を引き出し、動きを妨げないようになっています。

 

 

自分に合うALPHASKIN(アルファスキン)の選び方

アディダスALPHASKIN(アルファスキン)-選び方

新コンプレッションウェア、アルファスキンの2大特徴とその効果を説明しましたが、アルファスキンには下の3種類のモデルがあります。

全3モデル

  • 幅広いシーンに対応したエントリーモデルのTEAM
  • 全ての機能を搭載したトップモデルのELITE
  • その中間に位置するミドルモデルのATHLETE

それでは全3モデルをご紹介していきます!

 

はじめてのALPHASKIN(アルファスキン)としてのベストチョイスは《TEAM(チーム)》

アスリート用に開発された3Dコンストラクションキネティックラインを搭載しつつも、一般人向けにカスタマイズされているモデルがこのTEAM(チーム)です。

通気性や快適性にこだわり、熱のこもりやすい部分にはメッシュ素材、縫製方法はフラットシームと呼ばれる方法で作られています。

シャツ、タイツ共にショートタイプとロングタイプがラインナップされています。

 

 

 

 

 

ガチでスポーツしてるなら《ELITE(エリート)》

フィット感と動きやすさを追求し、最新技術を全てつぎ込んだモデルがELITE(エリート)です。

キネティックラインはシームレスに作られていて、縫製方法は動きにこだわりぬいてボンディング加工と呼ばれる方法で作られています。

その分、お値段はTEAM(チーム)の約2.5倍。

アディダスの最新技術をつぎ込んでいるだけはありますね。

もちろん、ELITE(エリート)も3Dコンストラクションを搭載しています。

ラインナップはシャツ、タイプどちらもロングタイプのみのラインナップです。

 

 

基本性能+軽量性、冷却性能を求めるなら《ATHLETE(アスリート)》

ATHLETE(アスリート)はTEAM(チーム)の3Dコンストラクションキネティックラインはそのままに、冷却テクノロジーであるCLIMACHILLも搭載。

体をクールでドライに保ちながらも、軽量性も追求しているモデルです。

縫製方法も軽量性にこだわったメローシームと呼ばれる方法で作られています。

TEAM(チーム)と同様、シャツ、タイツ共にショートタイプ、ロングタイプが用意されています。

 

 

こんな人にはALPHASKIN(アルファスキン)は必要ないかも?

アルファスキンはアスリートも使っているようなコンプレッションウェアを一般ユーザーにも提供するというスタンスなので初心者には不向きでしょう。

なので、これから筋トレやフィットネスを始める人には圧倒的に加圧シャツがオススメです

コンプレッションウェアとは似ているようで全く違う加圧シャツ。

筋肉がついてない人やカラダが出来上がってない人がコンプレッションウェアを着るのは時期尚早です!

その理由は「ブタでもわかる!加圧シャツとコンプレッションウェアの違い」をご覧下さい。

必見
加圧シャツとコンプレッションシャツの違い-アイキャッチ
ブタでもわかる!加圧シャツとコンプレッションウェアの違い

ちなみにタイトルのブタというのは私です。よろしくおねがいします。(たるんだ自分をブタと呼ぶことにより、自分を鼓舞しています!) ところでコンプレッションウェアって知ってる? そういえば最近、加圧シャツ ...

続きを見る

 

 

ALPHASKIN(アルファスキン)の口コミ

ダンサーチーム、サイバージャパンのかなへぇこと、渡辺加苗さんもアルファスキンを愛用しているようですね!

 

 

 

ALPHASKIN(アルファスキン)のまとめ

アディダスALPHASKIN(アルファスキン)-まとめ

やはりTECHFITと比較すると、かなりお高め…

テクノロジーは日々、進化しているので仕方ないですね。

最新技術詰め込みまくりのALPHASKIN(アルファスキン)はいつかは着てみたいと思わせてくれるコンプレッションウェアの一つです。

でも、私はまだまだ加圧シャツで身体をつくることに集中します!

 

自分も加圧シャツのほうが?と思った方はコチラの記事をどうぞ!

参考コスパで選ぶ!最強【加圧シャツ】おすすめ比較ランキング《2018》

 

 

厳選!おすすめ加圧シャツランキング

1位:金剛筋シャツ

私が購入した加圧シャツの中で圧倒的1位!

紹介した加圧シャツの中で特におすすめなのがこの【金剛筋シャツ】です。

もっと言うと、個人的にも2017年の通販で買った物で良かった商品トップ10に入っています!

スパンデックスの配合量が20%と多く、金剛筋シャツを購入しておけば間違いないと言い切れます!

2位:マッスルプレス

大人気ユーチューバー、ぷろたんも愛用中!

さらに元世界王者、長谷川穂積さんと同じHMBサプリが買えるのは魅力

3位:バルクアップアーマープロ

バルクアップアーマープロ!マジ半端ない!

10日間の全額返金保証付きですし、アフターサポートも充実していて安心して購入できます。

購入しやすい価格設定も◎

-コンプレッションウェア

Copyright© 加圧シャツでらくらく筋トレ , 2018 All Rights Reserved.